カイマナ湘南サーフィンスクール

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」水曜更新2012/3/17・18スクール波予報

「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波情報

今週末は、低気圧が通過する影響で波が大きくなるでしょう。

特に、土曜は風向きも悪く初級者には厳しい週末になりそうです。

日曜には風向きも良くなりコンディションは回復傾向ですが、初級者には大きめの波が続きそうです。

開催予想

土曜=×日曜=△

※開催可否判断は前日の夕方です。必ずお電話にて開催の確認をお願い致します

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」はこちらから

www.kaimana.net

タグ

2012年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波情報

【保存版】意外と知らない!季節に合ったウェットスーツの種類

日本には四季があります。

その為、季節にあったウェットを着ることで、暖かさを調節する必要があります。

暖かい順に解説していきます。

SEMDRY(セミドライ)

フルスーツを5MMの生地にし起毛素材の裏地を付けて水の浸入を極力少なくしたとても暖かいウェットスーツ。

参考季節(湘南)12月⇒3月

3mmFULL(サンフル、フルスーツ)

長袖に長ズボンのワンピース型、機動性もよく着用できる期間も長く重宝する。

参考季節(湘南)3月⇒5月、10月⇒12月

LONGSLEEVEPRINGS(ロンスプ)

長袖半ズボンタイプのウェットスーツ。

SEAGULL(シーガル)

半袖長ズボンタイプのウェットスーツ。

参考季節(湘南)5月⇒6月、9月⇒10月

SPRING(スプリング)

半袖半ズボンタイプのウェットスーツ。

JACKET(ジャケット)

長袖の上半身のみタイプのウェットスーツで下半身は水着

VEST(ベスト)

ランニングタイプで上半身のみのタイプで、下半身は水着。

参考季節(湘南)7月⇒9月

 

他にも様々な種類のウェットがあります。

複数枚を使い分けることで長持ちさせることもできます。

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール

 

タグ

2012年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:知らないと損をする!サーファーの知恵袋

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」月曜更新2012/3/17・18スクール波予報

「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波情報

今週末の波は、土曜日にかなり大きな波になる事が予想されます。

日曜まで波が高い状態が続きそうなので初心者の方は注意が必要です。

開催予想

土曜=×日曜=△

※これはあくまで予想です。
開催の可否をBLOGを見てご自信で判断しなようにお願い致します。

 

初心者でも安心「乗れる!湘南サーフィンスクール」

スクールの流れ

充実の設備

お申し込みはWebからでもOK!

 

タグ

2012年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波情報

【保存版】ビギナーはひかえるべき!海の状況判断6つのポイント

下記のような時は、自称ビギナーの方はサーフィンを控えましょう

1、波のサイズが胸以上あったら自称ビギナーの方は控えましょう。

すべては自己責任です。

人それぞれ合った波があります。

腹サイズでも怖い思いをする人もいます。

海、水の力をなめてはいけません。

 

2、風が10mを超えたらやめよう。

特にオンショアの場合はきついです。

オフショアでも流れが発生します。

 

3、見ているだけで、サーファーが流されているような潮流がきつい海ではサーフィンはやめましょう。

日によって時間によって変わります。

流されたら大変なことになります。

 

4、台風が発生しているときは、波が急変することがありますのでビギナーの方はやめましょう。

または、ベテランの方に付き添ってもらい無理をしないように。

 

5、雷が鳴ったら海から上がりましょう。

水は電気を通します。

実際雷でやられたサーファーも過去にいますので気をつけて!

 

6、岩やリーフがいたるところに見えている所はやめよう。

波情報を必ず確認して海に行きましょう。

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール

 

あわせて読みたい!サーファーのマナーアップに必要な記事

【保存版】これだけでOK! サーファーが守るべき5つのマナー

【保存版】世界共通 サーフィンのルールの原則は一つです。

タグ

【保存版】これだけでOK! サーファーが守るべき5つのマナー

 

1、大勢で入り、うるさくしたり、波を独占しない

周りにもサーファーがいることを忘れないで、迷惑です。

2、ガツガツしない!

ロングボードやSUPは特にテイクオフが楽なので、乗りすぎに注意!ショートボーダーやボディーボーダーに波を譲りましょう!

ゴミを散らかさない

というより、ゴミを拾って帰りましょう。

海でサーフィンさせてもらった感謝の気持ちを忘れずに!

4、ローカルをリスペクトする

いろいろな意見あれど、やっぱりローカルのサーファーはリスペクトしましょう。

まずは会釈するなり、波を譲るなり、そこの海でサーフィンをさせてもらっている気持を持ちましょう。

車はちゃんと駐車場に駐車する

近隣の方の迷惑になることはやめましょう。

サーファーの印象が悪くなります。

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール

 

あわせて読みたい!サーファーのマナーアップに必要な記事

【保存版】ビギナーはひかえるべき!海の状況判断6つのポイント

【保存版】世界共通 サーフィンのルールの原則は一つです。

 

 

タグ

2012年3月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:海でのルールやマナーや注意点

【保存版】世界共通 サーフィンのルールの原則は一つです。

これさえ覚えれば世界中の波に乗れる。

サーフィンのルールは難しくありません。

原則は 1つです。

それはピークを走っている人が優先、ということです。

他の人は、ライディングしている人も、パドリングしている人も、浮いているだけの人も、その人をよけなければなりません。

その結果、一波 一人 ということになります。

乗ってしまったり、邪魔をしてしまったら優先権のある人に譲る。

そして謝る。

これに尽きます。

が、その優先権の判断がわかりにくいという人もいるので、解説します

サーフィンに適した波というのはこういう波です。

Good Wave

波が一方向(この写真なら右から左へ)に向かって崩れていくのが、いい波と言われています。

この写真のように陸から見て、右から左へ崩れる波をレギュラーの波といいます。

逆をグーフィーの波と言います 。

そして、上の写真のサーファーがいる場所が、ピークです。

パワーがあり、スピードのつく、波の一番いいところという意味ですね。

ここを走っている人の邪魔をしてはいけないんです。

たとえば下の写真を見てください。

DROP IN

この写真の場合、右の人がピークなので優先です。

左の人のことを、前乗りDrop In)といって、一番やってはいけない行為です。

もしこうなってしまったら、すぐにライディングをやめ、「すいませーん」と謝りましょう。

こうなる前にテイクオフの前、パドリング中から、周りを見てパドルしましょう。

下の写真を見てください

パドリング中からこの状態になっていたら、右側の人がテイクオフした時点で、左側の人は、パドルもやめなければいけません。

左の人が仮に早くテイクオフしても、右側の人がテイクオフした時点で、左の人は前乗りになってしまいます。

なぜなら、波がレギュラー(右から左に崩れる)だから、左の人のほうが、ピークに近いということです。

ですので、パドリングしながら周りを見て、次の行動を考えておいてください。

このことは、乗っていないときにも摘要されるルールです。

たとえば、パドリングしながらゲッティングアウトしているときにライディングしているサーファーの近くにいてしまったり、ただ、浮いていたら、アウトからサーファーがライディングしてきた、というような時も、ピークを走っている人が優先なので邪魔をしてはいけません。

上の写真の場合など、黄色の人は赤い人のライディングを邪魔してしまっていますので、これはルール違反です。

でも、こういうシチュエーションはよくあるので、その時は、またまた「すいませーん」とちゃんと謝りましょう。

 

これだけです。

後は、レギュラー、グーフィーの波の見かたや、前乗りになってしまった時の逃げ方、を身につけ、周りに十分に注意しながら、楽しくサーフィンをしましょう。

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール

 

あわせて読みたい!サーファーのマナーアップに必要な記事

【保存版】これだけでOK! サーファーが守るべき5つのマナー

【保存版】ビギナーはひかえるべき!海の状況判断6つのポイント

 

 

 

タグ

2012年3月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:海でのルールやマナーや注意点

【永久保存】意外と知らない! 〜ウェットスーツを長持ちさせる為の4つのポイント

①たたんで収納しない

 

 

 

 

 

 

 

たたんで収納すると折れ目ができてラバー割れの原因となります。

ウェットスーツの保管は、ハンガーにかけることをお忘れなく!

②直射日光で乾燥させない

普段直射日光のなかで使うウェットですが、決して日射に強くできているものではなく劣化の原因となります。

乾燥する際は陰干しが一番ですが、止む終えず日向に干す場合でも裏返しに干し、完全に乾燥する前に日陰に移しましょう。

保管は必ず日陰が鉄則!

③肩の細いハンガーにかけない!

ハンガーはウェット専用の肩の特別大きな物を使うのが一番です。

もし専用の物がない場合でも肩の細い物は使わないようにしましょう。

ウェットスーツは重たい物なので肩にハンガー跡がついてしまいます。

後に割れの原因の一つとなりますので注意が必要です。

④脱いだまま裏返しにして保管はしない!

ウェットを脱ぐと裏返しになります。

そのまま乾燥させて次回までそのまま、、、という方も多いと思います。

裏返しのままにするとラバーが内側にヨレてシワとなりラバー割れの原因となります。

 

乾燥させたら表に返しておくことが大切。

シーズンオフの保管は必ず表返すのが鉄則です。

更にウェットシャンプーやリンスを使うとラバーが柔らかく保てます。

 

意外と知らないウェットスーツを長持ちさせるための4つのポイント、いかがでしょうか?

ちょっと知っていればできる事です。

この機会に習慣をつけてしまいましょう。

ウェットスーツの寿命がかわってきますよー!

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール

 

タグ

2012年3月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:知らないと損をする!サーファーの知恵袋

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」土曜更新2012/3/11スクール波予報

「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波予報

明日も本日同様、波は小さくなんとかテークオフの練習ができるか?程度となりそうです。

開催予報

日曜=△

 

初心者でも安心「乗れる!湘南サーフィンスクール」

スクールの流れ

充実の設備

お申し込みはWebからでもOK!

 

タグ

2012年3月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波情報

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」木曜更新2012/3/10・11スクール波予報

「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波予報

週末のスクールは土曜日曜共に、波のサイズはヒザ程度の安全なコンディションになりそうです。逆に日曜は、ヒザもない物足りないコンディションになる可能性もあります。

開催予想

土曜=○日曜=△

 

初心者でも安心「乗れる!湘南サーフィンスクール」

スクールの流れ

充実の設備

お申し込みはWebからでもOK!

 

タグ

2012年3月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:「乗れる!湘南サーフィンスクール」週末の波情報

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」上達の近道は!?

「乗れる!湘南サーフィンスクール」上達しよう!

それは、撮影付きスクールです!

自分のライディングを客観的に見ることは、上達への近道です。

記念にもなりますからね!

 

カイマナの「乗れる!湘南サーフィンスクール」はこちらから

www.kaimana.net

タグ

2012年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レディースサーファー必見情報 自称おやじサーファー必見情報

このページの先頭へ